コラム

コラム

第9回 世界ナンバーワンに見るデータと感性の融合域とは?

  ざっくりポイント ✔︎テニスのジョコビッチ選手がアナリストをチームに招いた。 ✔︎「偏り」を新しい情報を加えることでバランスさせることができる。 ɱ ...

コラム

第8回 結果を出す「勢い」のあるチームとは?

  ざっくりポイント ✔︎下克上を為すには「勢い」が最重要である。 ✔︎結局、みんな「勢いのある」人・物・地域と関わっていたい。 ✔︎最高の結果は「 ...

コラム

第7回 花より団子、団子より瞑想!?

    「結局…腹が減っているときに目の前に飯があったとして、それでも瞑想を選べるかってことだよね。」  創業されて16年、今では業界では誰もが知る年商数十億円を超える企業を育てたO社長のお ...

コラム

第6回 経営者が受ける圧力と正しい昇華の方法

 経営者がつね日頃受けている「社会圧」をどう自身と自社の起爆剤として昇華させていくかという話です。  企業というのは「ブランドイメージ」が全てと言っていいくらい重要な要素をしめています。どのように他者 ...

コラム

第5回 精妙な感性こそが組織の核となる。

「新妻先生…今日の話は人事の人間にも一緒に聞かせたい話でした。  社内環境の変容…より変化の必要や、新しいアイディアを表面化させやすく共有しやすくする為に、システム化された瞑想が企業内にあるのは今後 ...

コラム

第4回 ビジネスの勝敗を分ける紙一重の“具体的な極意”とは

「サッカーW杯、テニスのウィンブルドン、タイの洞窟…そして西日本豪雨」さまざまなことがこの一ヶ月にありました。 こうして一連の出来事を感じてみると、スポーツイベントであったり、災害であったり、事件であ ...

コラム

第3回 二流は関係を主導権争いにする。

  一流は関係を柔軟にバランスさせる。 二流は関係を主導権争いにする。   人は出会って数分でお互いの立場やエネルギーを様々な仕草や言葉から瞬時に読み取り、ほぼ無意識的にお互いにと ...

コラム

第2回 ビジネスチーム瞑想の“体制化”とはなにか?

ビジネスチーム瞑想の“体制化”とはなにか? ~錬る力自体を強くし、王道を征く組織へ~ 既存に無いオリジナルのモデルを創り出した時にもっとも大切なことは丁寧な“説明責任”だと私は考えています。 iPho ...

コラム

第1回 経営者が学ぶべき古代エジプト繁栄と衰退の理

今回22年ぶりにエジプトを訪れました。古代エジプトの歴史は基本的に紀元前の出来事ですのでその歴史観を考えると100年とか1000年とか本当に一瞬ですし、   キリストが生まれてきたタイミングも、古代エ ...

Copyright© 株式会社サイレントキングダム , 2020 All Rights Reserved.